• 製薬サプライヤー品質管理ソフトウェア

    製薬メーカーにおけるベンダー、サプライヤー、契約業者の品質・パフォーマンス管理ソフトウェアの重要性

    品質関連の問題は、消費者の健康と安全性とともにサプライチェーンの関係にも影響を与える可能性があります。 メーカーは、提供する資材に対する責任を与える上で信頼できるパートナーシップが欠かせないことを認識し、サプライヤーを全体的な製薬ベンダー管理戦略の一環として扱うようになっています。 ベンダーのパフォーマンスに関する問題をサイクルの早期段階で見つけられると、サプライチェーンへのエラーの繰り越しが減ります。 これは、サプライチェーンでの誤った資材や部品の存在につながるため、高い在庫繰り越し費用や、仕様に基づくやり直し、廃棄が必要になります。 梱包業者や流通業者、店頭など下流の関係者に適切な製品を提供するその後のライフサイクルで発生する問題は、需要の管理に必要な正しい資材の在庫に影響を与えます。

    製薬サプライヤー管理ソフトウェアを使用したベンダーのパフォーマンス拡張

    製造の外注増加と原材料のグローバル化に伴い、内部品質プロセスとベンダーネットワークの品質プロセスの双方を管理して追跡するグローバルなプロセスの実施は必須になっています。 契約メーカーが発見された問題の一部になっていれば、規格外製品の供給や脆弱な資材のサプライチェーンへの投入を行わなくなるため、サプライチェーン内での修正・交換コストが減ります。

    製薬ベンダーおよびサプライチェーン管理向けTrackWiseの特長:

    • 業界および政府の規制やISO標準に対するコンプライアンスを確保します
    • 複数の別個の冗長システムに基づくサプライヤーおよびベンダー評価のコストを引き下げます
    • 製品で資材を使用する前にサプライヤ不適合に対応していることを確認し、製薬製品の逸脱と他の品質インシデントのリスクを低減します
    • 標準化された集約サプライヤ評価プロセスを使用して部署間の冗長なベンダー評価を排除し、サプライヤー選択の効率を引き上げます
    • CAPAなどのQMS機能や他の品質活動へのシームレスな統合を提供します
    • 閉ループサプライヤープロセスを介してデータ喪失や不完全なデータのリスクを低減します
    • 完全に構成できるプロセスワークフローにより、柔軟ながらも管理された環境を提供します
    • EDMS、EPR、MESなど他のエンタープライズレベルの管理システムとの統合によって、他の品質・運営プロセスを改善します
    • 自動アラートや、ダッシュボード機能を使用した概要ビュー、広範な報告機能を介して運営の透明性を高めます
    • 割当、プロセスステップのサインオフ、自動監査証跡によって結果責任を向上させます