Sparta SystemsがQualityWise.ai Insights搭載のTrackWise 10の提供を発表

 
 

TrackWise 10が初のAI対応QMSとユーザーワークフローを合理化するインテリジェントなフォーム処理による最先端機能を搭載

ニュージャージー州ハミルトン – 2020年12月17日 – 業界最先端の品質管理システム(QMS)プラットフォームであるTrackWise®およびTrackWise Digital®を提供するSparta Systemsは、2020年12月10日、TrackWise 10の提供を発表しました。新しいリリースには、プラットフォーム初の人工知能機能、インテリジェントなフォーム処理、最新のテクノロジーアップグレードが含まれています。

TrackWiseソフトウェアは、QualityWise.ai℠ Insightsを搭載した人工知能(AI)技術を適用することで、リアルタイムに情報を収集し、ユーザーが次に最適な行動を取ることを可能にします。今日、ユーザーは調査の最適なアプローチを決定するため、関連する情報を探索する際にはレポートの検索または分析プロセスを経ています。Spartaは自然言語処理(NLP)を適用することで、これらのアクションを瞬時に実行し、類似イベントの重み付けセットをユーザーに提供します。これにより、以前の調査のベンチマーク処理が容易になり、その他の方法では見過ごされていた傾向を発見することができます。Spartaは苦情、逸脱、不適合、CAPA、変更、監査など、すべての品質プロセスにこの技術を適用しています。

「SpartaはオンプレミスのTrackWise顧客企業がデジタルテクノロジーを有効にする時期と方法を選択できる、業界で唯一ハイブリッドなアプローチを提供する企業です。TrackWise 10は、TrackWiseユーザーが成功を収めるために投資と革新を行うという当社のコミットメントを再確認するものです」とSparta Systems CEOのDana Jonesは語ります。

TrackWise 10には、品質記録データを入力する際のユーザーエクスペリエンスを劇的に合理化するインテリジェントなフォーム処理も含まれています。TrackWise ConfigForms™は、以前にフィールドに入力された内容に基づいて、ユーザーに新しいフィールドを表示するように動的に設定することができます。これによりエラーを最小化し、ワークフローの最適な次のステップを促進することで、ユーザーの効率が高まります。

Sparta Systemsはデジタル品質の未来に向けて、正しい方針を決めるための柔軟性と選択肢を組織に提供します。TrackWiseプラットフォームの継続的な改善に加えて、Spartaは既存のTrackWiseワークフローをTrackWise Digitalと直接統合することを可能にするハイブリッドなオプションを提供しています。Spartaは他にも、TrackWiseのデータや設定をTrackWise Digitalに自動で移行するためのTrackWise Transferも提供しています。これらのソリューションは、最近のすべてのTrackWiseバージョンで可能で、お客様はそれぞれのデジタル化の進捗に合わせて選択できます。


Sparta Systemsの概要

業界最先端のSpartaの品質管理システムは、組織の品質プロセスを1か所にまとめ、効率とパフォーマンスを高めながら、コンプライアンス達成とリスク低減を促進します。SpartaはTrackWise®エンタープライズQMSソフトウェアと次世代のクラウドおよびデジタルQMS SaaSプラットフォームであるTrackWise Digital®サービスのプロバイダーです。生命科学やその他の分野の企業は、品質を最適化し、安全で効果的な製品を患者や顧客に提供するために、Spartaの専門知識とソリューションを利用しており、世界30か国以上で約100万人のユーザーにご利用いただいています。TrackWise Digitalを利用している大手企業には、Alkermes、Arbor Pharmaceutical、bioMérieux、Endo Pharmaceuticals、McKesson、Pfizer、Roche Diagnostics、SGS、Thermo Fisher Scientificなどがあります。

Copy link
Powered by Social Snap