AI対応の品質管理

AIによって意思決定力が強化されることでプロアクティブな品質管理が実現

稼働データと品質データが持つ価値を活用して

意思決定力を強化・促進

 

QualityWise.aiの「自動分類と洞察」機能によって、QMS全体にわたって自然言語処理(NLP)と機械学習(ML)が応用されることで、シグナル検出が改善し、業務効率が高まり、患者の安全性が徹底されます。

 

データシートを表示

TrackWise Digitalは業界初となる専用のAI対応品質管理機能を提供

 
 
効果的なシグナル検知と傾向化

QualityWise.aiによって、サプライチェーン全体にわたってあらゆる品質データにすぐにアクセスできるようになることで、高リスクイベントと関連性のある品質記録をすばやく特定することが可能となります。

 
 
効率と顧客満足度を向上

苦情の解決プロセスにおいて、調査の重複とサイクル時間を削減することで生産性が向上し、下流プロセスのリスクと顧客への影響も最小限に抑えられます。

 
 
エラーとコンプライアンスリスクを最小化

AIを活用してよりすばやく正確な意思決定を行うことで、複雑な大量の品質データセットについて客観的に把握できるようになります。また、人が持つバイアス、コンプライアンスリスク、規制措置を効果的に削減できます。

 

「自動分類と洞察」機能

QualityWise.aiは機械学習(ML)と自然言語処理(NLP)を応用することで、生じている問題を自動的に分類し、関連性のある苦情や品質イベントを探し出します。弊社のAI対応の品質管理ソリューションの詳細はこちら

 
 
苦情の分類

AIによる提案がタイプ、報告可能性、重大度別に表示されるため、その対応優先順位をすばやく定め、タイムリーな措置を講じることができます。

シグナル検出

報告可能性とリスクの分類がAIによって強化されることで、高リスクをはらむ問題への対処を優先させることができます。

早期のリスク検出

苦情と品質イベントの重大度が自動的に分類されることで、タイムリーな措置が可能となります。

CAPA有効性の向上

類似した品質イベントが組織全体にわたって繰り返されていないか調べることで、CAPAの有効性が検証されます。

調査の重複を回避

関連性のある品質イベントが特定されることで、同じ調査を何度も繰り返す必要がなくなります。

有害傾向の特定

類似したイベントを複数のサイトと製品ライン全体にわたって全体的に検出することで、傾向についてよりよく特定できるようになります。

AI対応の品質管理に関するFAQ

 

AI対応のQMSがどのようにお客様のお役に立つかご説明します

Spartaの
AI対応ソリューションによって、品質管理に関する意思決定力がどのように強化されるか今すぐご覧になれます。